アフィリエイト

グーグルアドセンスの貼り付け方

投稿日:2018年4月16日 更新日:

無事に審査に合格したので、さっそくグーグルアドセンスを自分のサイトに貼り付けてみたいと思う。色々と調べると「プラグインを使って貼り付けるとラク」など様々なテクニックがあるらしいが、初心者の私は素直に正攻法で挑戦しようと思う。

広告コードを本文中に貼り付ける

すでに運用しているA8.netで経験済みの、広告コードを本文中に貼り付ける方法を試してみる。グーグルアドセンスのホームから「広告の設定→広告ユニット」に進む。そして「新しい広告ユニット」をクリックする。

すると作成する広告の種類を選ぶ画面が現れるので、一番左の「テキスト広告とディスプレイ広告」を選ぶ。もっともシンプルなフォーマットで、表示する広告のサイズや位置、スタイルを指定できる。初心者は、まずこの種類を選んでおけば問題無い。

次の画面。
名前は何でも構わないが、広告ユニットはサイズやスタイルによって、リスト的にどんどん増えていくので、名前にはブログ名(サイト名)だけでなく、広告を設置する場所を入れておくと便利だ。

今回は本文中に広告を貼りたいので、名前は「マイチャレ_本文中」とした。広告サイズは自分のサイトのレイアウトによって自由に選んでいい。今回は中央の「ビッグバナー」を選んだ。特に理由は無い。色々と試して頂きたい。

広告タイプは先ほど選んだ「テキスト広告とディスプレイ広告」になっているはずだ。
・テキストの広告スタイル
・カスタムチャネル
・表示可能な広告がない場合
の部分は何も触れる必要は無い。つまり、そのまま。

そして「保存してコードを取得」をクリック。

すると広告コードが現れる。
コードタイプはデフォルトの「非同期」、そして「同期」を選べるが「非同期」のままで良い。「同期」にするとサイトでの標示が遅くなるという意見が多い。「非同期」となっていても、しっかりとサクサク自分のサイトに広告が登場するのでご心配なく。

枠の中の広告コードをそのままコピーし、ワードプレスの投稿の編集を開き、グーグルアドセンスを貼りたい記事、場所に貼り付ける。私は本文の一番最後に貼り付けた。そしてプレビューで確認。しっかりと広告バナーが出現していた。貼り付けたページを開くことに広告の種類が変わることにちょっと感動。

記事に広告コードを貼り付ける方法はコチラの記事↓で再度ご確認を!

ウィジェットでサイドバーに広告を貼る!

ブログアフィリエイトを始めてから、どうしてもやってみたかったことがある。それは自分のサイトのサイドバーに広告を表示させること。ちょっと本格的なサイトのような感じでカッコいいではないか。何となく難しいイメージを持っていたが、下記の手順でやると初心者の私でも簡単に設置できた。

なお、この説明は私がテーマとして使っている「STINGER8」がベースとなっている。

まずはグーグルアドセンスで広告コードをゲットする。

前項と同じ手順で「新しい広告ユニット」のページに進む。今回は下記のように広告コードを取得した。

名前:サイドバーに設置するので「マイチャレ_サイドバー」に決定。
広告サイズ:ラージスカイスクレイバーがおすすめ

そして「保存してコードを取得」をポチリ。

ここからが新しいテクニックだ。

ワードプレスのダッシュボードの「外観→ウィジェット」に進む。

ウィジェットとは何か? 調べてみると……
「パソコンのデスクトップやWebページなどで動作する小さなアプリケーションのこと。カレンダーや電卓、音楽プレイヤーなどのアクセサリー類やRSSリーダー、検索ボックスなどがある……」
私には良くわからない。何となく「便利な機能」と頭の片隅に入れておくことにした。

ウィジェット画面を開く。「STINGER8」には、最初から広告を貼れるようにウィジェットが用意されている。ご丁寧に「Googleアドセンス用」という項目まである。

ちなみに……偉そうに「ウィジェットが用意されている」と書いているが、こういう言葉の使い方がそもそも合っているのかすら私にはわからない。。。

今回、グーグルアドセンスを貼るのはサイドバーなので「サイドバートップ」の枠内に、左から2列目上から2番目にある「カスタムHTML」をドラッグする。

すると「タイトル」「内容」を入力できるスペースが現れる。「内容」にグーグルアドセンスで取得した広告コードを貼り付ける。「タイトル」は空欄のままでよい。そして保存する。サイトをチェックすると……。

憧れのサイドバーの広告が我がサイトに現れているではないか! これはかなり感動する。しかも、私が好きなジャンル(頻繁に検索したり閲覧しているページ関連)の広告が掲載されている。

日本、いや世界中の知らない人が私のサイトを訪れてくれた場合には、その人の閲覧履歴からその人が興味を持つ広告が掲載されることになるはずだ。グーグルアドセンスは本当に素晴らしい広告配信サービスである。

さて余談だが、ウィジェットに広告コードを貼り付ける際に「カスタムHTML」をドラッグするようにお伝えした。一部のサイトでは「テキスト」(一番左の列の上から5番目)をドロップするように書いてあるが、「テキスト」ではサイドバーに表示される広告の上部に無用なスペースが空いてしまうことが多々あるらしい。なので「カスタムHTML」を使って頂きたい。

グーグルアドセンスはココに貼れ!

本文中にも貼った。サイドバートップにも貼った。あと貼るべき場所は……ずばり本文の一番下の場所がおすすめだ。しかも、ボックス型の広告を縦に2つ並べるとクリック率が高いと、色々な先輩方が解説していた。

ワードプレスのウィジェット画面、右上の「広告・Googleアドセンス用336px」に広告コードを貼ると、本文の一番下に広告を2つ連続で貼り付けることができる。

やり方はサイドバーの時と同じ。注意すべきは広告サイズを「レクタングル(大)」にするだけ。ワードプレスのウィジェットの「広告・Googleアドセンス用336px」に「カスタムHTML」をドラッグし、広告コードを貼り付けて「保存」。

見事、記事下にボックス型の広告が縦に2つ並んで掲載されている。

……素朴な疑問。

この記事の一番最初で、私はグーグルアドセンスのバナー広告を記事の最後に貼り付けた。しかし、その方法だと記事を書く度に、広告コードを貼り付けなければいけない。ウィジェットを使い、サイドバーや記事下に配置する設定をしておけば、記事が新規投稿されても自動的にグーグルアドセンスが貼られることになる。

ということで、本文中に手動で貼ったバナー広告は削除することにした。

スマホの広告は自動サイズに!

ワードプレスのウィジェットのページには「広告・Googleアドセンスのスマホ用300px」がある。ここに広告コードを貼ることで、スマホにもグーグルアドセンスの広告を掲載することが可能となる。

iPhoneをはじめスマホがこれほど普及し、ブログの閲覧も半分以上がスマホからのアクセスということも珍しくない。なので、しっかりとスマホのアフィリエイト対策も行っておきたい。

設定方法は簡単だが、スマホの場合は広告サイズを「レスポンシブ」にすること。これはスペースに応じて自動的にサイズを調節して標示してくれる設定。あとは今までの設定方法と同じ。「カスタムHTML」をドラッグし、そこに広告コードを貼り付ければいい。

  

自分のiPhoneで見た私のサイト。しっかりと広告が掲載されている。

グーグルアドセンスの基本的な貼り方を説明した。他にも高等なテクニックがあるらしいが、今の私はもっと頑張って記事を書き、多くの人に見てもらわなければいけない。試行錯誤の日々はまだまだ続く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-アフィリエイト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフィリエイトの第一歩

Contents1 ASPに登録する!1.1 ASPとはなんぞや?1.2 さっそく登録に取り掛かる1.3 広告の貼り方の基本とは1.4 実際に自分のサイトに貼り付けてみる ASPに登録する! ASPと …

グーグルアドセンスに申請する

Contents1 グーグルアドセンスとは?2 グーグルアドセンスには審査が必要3 申し込み後に審査の厳しさを知る4 13時間でグーグルアドセンスに合格! グーグルアドセンスとは? 色々とをアフィリエ …

アフィリエイトに挑戦

Step.01:アフィリエイトの第一歩 Step.02:祝!アフィリエイト初報酬ゲット! Step.03:グーグルアドセンスに申請する Step.04:グーグルアドセンスの貼り付け方 Step.05: …

祝!アフィリエイト初報酬ゲット!

Contents1 14円という最高の幸せ1.1 諦めないことが成功への近道1.2 元雑誌編集長の心に火をつけてくれた 14円という最高の幸せ 諦めないことが成功への近道 これは奇跡なのか? 一瞬、自 …

スポンサーリンク表記の必要性

自分のサイトにグーグルアドセンスを貼る際の注意点として、「スポンサーリンク」の表記がある。多くのブロガーのページを見ると、広告の上に「スポンサーリンク」という文字が添えられていることに気が付くだろう。 …